酵素ドリンクと酵素サプリの違いと特徴

酵素ドリンクと酵素サプリの違いは?

人が活動するために必要なものは水や酸素などいろいろありますが、酵素も生きていくためには必要不可欠な物質の一つです。

酵素には食事やサプリメントなどで補給した栄養成分を消化して、身体に吸収し、分解するといった働きがあります。

体内には5000種類もの酵素があるといわれていますが、大きく分けると食べたものを消化する消化酵素と栄養を吸収して新陳代謝を活発にする代謝酵素、血液の流れをよくする効果がある食物酵素に分けることができます。

それぞれに重要な役割のある酵素ですが、現代人の食事の内容だと必要な酵素を補給しにくくなっているのが現状です。

そこで酵素ドリンクや酵素サプリで摂取していきたいのですが、それぞれの特徴があります。わかりやすいところでは液体と錠剤という飲みやすさや味を感じることができるなどの違いがあります。

また加工工程も大きく違い、酵素は熱に弱い特徴があるので酵素ドリンクのほうが吸収しやすいといったメリットやデメリットもあるので自分に合ったものを選びましょう。

こんな人には酵素サプリがおすすめ

酵素ドリンクは直接酵素を補給できるので、満腹感を得られやすかったり吸収力がいいなど置き換えダイエットにも利用できます。

ただ大きな瓶に入っていることが多く持ち運びが不便だったり、量を飲むのが大変などのデメリットがあります。

毎日無理なく酵素を補給していきたいなら酵素サプリがおすすめです。

持ち運びが楽なので外出先でも利用できますし、酵素ドリンクと比べると料金も比較的安いので購入しやすいといったメリットがあります。

ドリンクの場合は味が苦手というケースも考えられますが、酵素サプリなら味に関係なく飲むことができるから続けやすいといえるでしょう。

酵素は人が生きていくためには必要不可欠な栄養素なので、毎日補給することが大切です。

サプリメントなら形態もしやすく飲むのにも時間がかからないから長く続けるならおすすめといえます。

酵素ドリンクと合わせて利用していけば、健康な身体作りに効果的でしっかりと酵素を補給できるのではないでしょうか。

生酵素サプリと酵素サプリの違いを解説します

生酵素サプリと酵素サプリの違いは?

酵素を積極的に摂取する人が増え、ドラッグストアに限らずコンビニなどでもサプリが手に入るようになってきています。

簡単に手にはいるようになった酵素配合のサプリですが、大別すると生酵素サプリと酵素サプリ2種類のサプリが存在します。

生酵素と酵素の違いはどのようなものなのでしょうか。

また、その違いから得られる効果も違ってくるのでしょうか。

一般的にサプリメントは「高温高圧」という方法で、熱を加え圧力を掛けて栄養素をカプセルやタブレットに封じ込めたものをいいます。

高温高圧で製造されたサプリメントは、カプセルの中に栄養素を密閉された状態で封じ込めるので、酸化や劣化の心配が無く長期保存が可能です。

高温高圧で製造するサプリはコストを抑え大量生産も可能です。

酵素サプリは高温高圧で製造された製品で、生酵素サプリは非加熱処理が基本です。

生の酵素を配合したサプリは、手間の掛かる低温カプセル製法と呼ばれる製造方法で製品化されています。

生きたまま酵素を取り入れるなら生酵素サプリ!

高温高圧によって製品化された酵素サプリは製造コストを抑えられるので、生の酵素サプリに比べリーズナブルな価格で利用できる大きなメリットがあります。

生の酵素サプリは、手間の掛かる低温カプセル製法が用いられていますが、それには理由が存在するのです。

酵素は非常に熱に弱いという性質を持っています。殆どの酵素は48度以上にすると失活してしまいます。

酵素はタンパク質ですので、加熱によって固まる性質を持っているのです。

酵素の働きは触媒の状態で効果を発揮するものなので、生で摂取するのが理想的です。

腸内環境改善や便秘解消、基礎代謝向上や免疫力を高めるためには酵素が持つパワーを利用しない手はありません。

酵素の持つ働きを最大限生かすには、生きたままの酵素を取り入られる生酵素サプリを摂取することが一番です。

生酵素サプリは酵素の働きを失活させずにサプリ化した製品ですので、購入する際はどんな製法で作られたものなのかを必ず確認することも重要です。