生酵素サプリと酵素サプリの違いを解説します

生酵素サプリと酵素サプリの違いは?

酵素を積極的に摂取する人が増え、ドラッグストアに限らずコンビニなどでもサプリが手に入るようになってきています。

簡単に手にはいるようになった酵素配合のサプリですが、大別すると生酵素サプリと酵素サプリ2種類のサプリが存在します。

生酵素と酵素の違いはどのようなものなのでしょうか。

また、その違いから得られる効果も違ってくるのでしょうか。

一般的にサプリメントは「高温高圧」という方法で、熱を加え圧力を掛けて栄養素をカプセルやタブレットに封じ込めたものをいいます。

高温高圧で製造されたサプリメントは、カプセルの中に栄養素を密閉された状態で封じ込めるので、酸化や劣化の心配が無く長期保存が可能です。

高温高圧で製造するサプリはコストを抑え大量生産も可能です。

酵素サプリは高温高圧で製造された製品で、生酵素サプリは非加熱処理が基本です。

生の酵素を配合したサプリは、手間の掛かる低温カプセル製法と呼ばれる製造方法で製品化されています。

生きたまま酵素を取り入れるなら生酵素サプリ!

高温高圧によって製品化された酵素サプリは製造コストを抑えられるので、生の酵素サプリに比べリーズナブルな価格で利用できる大きなメリットがあります。

生の酵素サプリは、手間の掛かる低温カプセル製法が用いられていますが、それには理由が存在するのです。

酵素は非常に熱に弱いという性質を持っています。殆どの酵素は48度以上にすると失活してしまいます。

酵素はタンパク質ですので、加熱によって固まる性質を持っているのです。

酵素の働きは触媒の状態で効果を発揮するものなので、生で摂取するのが理想的です。

腸内環境改善や便秘解消、基礎代謝向上や免疫力を高めるためには酵素が持つパワーを利用しない手はありません。

酵素の持つ働きを最大限生かすには、生きたままの酵素を取り入られる生酵素サプリを摂取することが一番です。

生酵素サプリは酵素の働きを失活させずにサプリ化した製品ですので、購入する際はどんな製法で作られたものなのかを必ず確認することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です